TOPICS

RSS

2020短答条文解析講座(通学・通信)全30回

2019/10/29 

2020短答条文解析講座(通学・通信)全30回
2019年5月11日(土)〜12月14日(土)全30回
途中からでも参加できます。
すでに終了した回について、テキストと解説講義の音声を提供します。
今からスタートも選択できます。
毎週、2回分ずつ資料を送信いたします。
条文の理解を深めるための講義形式の講座です。
令和元年改正法が成立しました。一部は来年の試験範囲に含まれます。
改正法に対応するようテキストを更新します。
弁理士の方で改正法を勉強したい方は、割引料金でお申込みを受け付けます。
ご相談ください。
科目単位での受講も可能です。

2020年度 論文対策

2019/10/22 

2020塾長論文ゼミ・中期・後期(通信) 9月29日(日)スタート
応用力を高めたい方ににお勧めです。
中期からでも参加できます。

2020論文講義基礎講座(通信) 今からスタートできます。
基礎から始めたい方にお勧めです。

2020論文演習基礎講座(通信) 今からスタートできます。
基礎から始めたい方にお勧めです。

インプットのみならず、実際に答案を作成するアウトプットも大事です。

論文用の講座案内

2019/10/16 

初心者用
2020論文講義基礎講座(通信)今からスタート
2020論文演習基礎講座(通信)今からスタート

中級者用及び上級者用
2020塾長論文ゼミ(通信)

参考用
2020論文事例問題講座(通信)今からスタート
2020論文趣旨講座(通信)今からスタート
2020論文基本問題講座(通信)今からスタート

2020塾長ゼミ(短答・論文)

2019/10/13 

2020塾長論文ゼミ(通信)全33回
2019年7月〜2020年3月 毎週日曜日開催
中期は、9月29日(日)からスタートしました。
中期・後期の通信は、今からでもお申込みいただけます。
令和元年改正法に対応した内容とします。
論文の答案作成能力を格段に高めたい方にお勧めです。

2020塾長短答ゼミ(通学・通信)全33回
2019年7月〜2020年3月 毎週日曜日開催
令和元年改正法に対応した内容とします。
2020年度の短答試験を確実に突破したい方にお勧めのゼミです。
演習と解説をミックスしたゼミです。

成功者の声

2019/10/11 

成功者の声を更新しました。

受講相談(面談)の受付

2019/10/11 

面談で受講相談を受け付けます。
論文の勉強の仕方など、アドバイスをいたします。

面談が可能の時間帯は、下記のとおりです。
ただし、都合により空いていない場合もあります。
月〜金 13:00〜20:00
土・日 16:30〜20:00

面談を希望される場合は、希望される日時を、第1希望から第3希望まで、メールでお知らせください。
アドレスは、下記のとおりです。
info@yoyogijuku.jp

面談の場所は、下記のとおりです。
東京都千代田区神田三崎町2−17−8
最寄り駅は、JR水道橋駅です。
改札から3分程度のところです。

代々木塾は、上記の場所に移転しました。
HPには、旧住所・旧電話番号が表示されたままとなっています。

種々のお問い合わせは、メールで受け付けています。
上記アドレスに送信してください。

質問の受付

2019/10/11 

代々木塾の受講生は、無料で質問ができます。
質問は、下記のアドレスにメールで送信してください。
遅くとも、翌日には、返信いたします。
info@yoyogijuku.jp

弁理士の資格の意義

2019/10/11 

企業の知財部で仕事をする場合や、特許事務所で仕事をする場合は、グローバルな取引社会においては、弁理士の資格のあることは、社会的評価を高める要因となります。
ただし、弁理士の業界も競争がありますので、弁理士として有能であることは、取引社会において優位に立つことができます。
逆にいうと、自己研鑽をしない弁理士は、競争から取り残される可能性があります。
そういう意味では、受験生時代から考える勉強をしていれば、弁理士になってからも有能な弁理士として生き残ることができる可能性が高まります。
アドバイスを求められた場合に、迅速に的確なアドバイスができる弁理士は有能な弁理士であるといえます。
受験生時代から考える勉強をすることをお勧めいたします。

2020論文講座(テキストのみ)

2019/09/28 

2020論文事例問題講座(テキストのみ)
2020論文基本問題講座(テキストのみ)
2020論文趣旨講座(テキストのみ)

令和元年改正法短答新作問題講座(テキストのみ)

2019/09/25 

令和元年改正法短答新作問題講座(テキストのみ)
いつでも送信できます。
令和元年改正法をベースにした短答の新作問題を作成し、その解答・解説を作成しました。
特許法  10問
実用新案法 1問
意匠法  25問
商標法   2問
合計 38問 
前のページへ戻る 次のページへ進む