TOPICS

RSS

令和元年改正法について

2019/08/20 

2020年度の弁理士試験は、令和元年改正法が試験範囲となります。
早めに改正法をマスターするのがよいと思います。
代々木塾の2020年度用の講座は、すべて令和元年改正法に適合するように更新します。
2020年度の弁理士試験を受験される方は、令和元年改正法を踏まえて勉強することが必要となります。

2020短答条文解析講座・全30回 5月スタート
2020論文講義基礎講座・全30回 5月スタート
2020短答演習基礎講座・全30回 5月スタート
2020論文演習基礎講座・全30回 5月スタート

2020塾長短答ゼミ・全33回 7月スタート
2020塾長論文ゼミ・全33回 7月スタート

令和元年改正法講座(テキストのみ)

2019/08/20 

令和元年改正法講座(テキストのみ)
テキストが完成しましたので、7月3日(水)から送信を開始しました。

令和元年改正法が公布され、令和2年(2020年)の弁理士試験の範囲に含まれることが確実となりました。
そこで、報告書と改正条文に基づいて、改正法の解説資料を作成しました。
音声による解説講義はありませんが、テキストのみで十分に理解できるようにしました。
特許法実用新案法編と意匠法商標法編の2つに分けて作成しました。

令和元年改正法を早期にマスターしましょう。

令和元年改正法短答新作問題講座(テキストのみ)

2019/08/20 

令和元年改正法短答新作問題講座(テキストのみ)
完成しましたので、いつでも送信できます。
2020年度の短答試験の範囲に含まれる令和元年改正法をベースにした短答の新作問題を作成し、その解答・解説を作成しました。
特許法  10問
実用新案法 1問
意匠法  25問
商標法   2問
合計 38問 

今からスタートできる講座があります。

2019/08/20 

下記の講座は、今からスタートできます。
通常の日程に追いつくまで、毎週2回分ずつ資料を送信いたします。

2020論文講義基礎講座
2020論文演習基礎講座
2020短答条文解析講座
2020短答演習基礎講座

2019口述直前対策問題集(PDFファイル)

2019/08/20 

2019口述直前対策問題集(PDFファイル)
口述試験に問われる可能性のある問題を作成し、簡潔な解答を作成します。
平成28年改正と平成30年改正に対応する問題も作成します。
1問当たり、質問が10〜15程度で、10分前後で回答できる範囲とします。
特実法は、約48問を予定しています。
意匠法は、約30問を予定しています。
商標法は、約45問を予定しています。
テスキトは、PDFファイルとします。
PDFファイルの保存先のURLを送信いたします。
アクセスしてダウンロードできます。

2020短答答練会(通学・通信) 早割料金 受付開始

2019/08/20 

2020短答答練会(通学・通信)早割料金 受付開始
2020年1月〜3月 全12回
通学は、毎週土曜日の午前中に開催します。
毎回、30問の問題を1時間30分で解答します。
解説講義はありません。
詳細な解答解説を提供します。
令和元年改正法に対応した内容とします。
通信もあります。

2020論文答練会(通学・通信) 早割料金 受付開始

2019/08/20 

2020論文答練会(通学・通信)早割料金 受付開始
2020年1月〜3月 全12回
通学は、毎週土曜日の午後に開催します。
毎回、論文の答案を作成します。
答案作成終了後、解説講義をします。
令和元年改正法に対応した内容とします。
通信もあります。

2020論文講座(テキストのみ)

2019/08/16 

2020論文事例問題講座(テキストのみ)
2020論文基本問題講座(テキストのみ)
2020論文趣旨講座(テキストのみ)

2020条約講座(テキストのみ)

2019/08/15 

条約に関して、下記の3講座をまもなく開講します。

2020PCT講座(テキストのみ)全8回(予定)
2020パリ条約講座(テキストのみ)全4回
2020TRIPS協定講座(テキストのみ)全4回

2020短答条文解析講座(通学・通信)全30回

2019/08/14 

2020短答条文解析講座(通学・通信)全30回
2019年5月11日(土)〜12月14日(土)全30回
途中からでも参加できます。
すでに終了した回について、テキストと解説講義の音声を提供します。
条文の理解を深めるための講義形式の講座です。
令和元年改正法が成立しました。来年の試験範囲に含まれます。
改正法に対応するようテキストを更新します。
弁理士の方で改正法を勉強したい方は、割引料金でお申込みを受け付けます。
ご相談ください。
科目単位での受講も可能です。
次のページへ進む