講座案内

講座案内 | ゼミ案内 | コース案内

※下記以外の講座案内は、作成準備中です。しばらくお待ちください。

青本(第20版)講座(通信)

青本(第20版)講座(通信)全31回
青本・第20版(最新版、平成29年3月発行)の解説を詳細に説明した講座です。

一括又は毎週2回分ずつ音声ファイルを提供いたします。
詳細を見る

2019口述逐条問題集(PDFファイル)

2019口述逐条問題集(PDFファイル)全36回
2018年12月スタート
平成28年改正法と平成30年改正法に対応するようパージョンアップいたします。
改訂された意匠審査基準にも対応するようにパージョンアップいたします。

毎週1回分ずつ、テキストをPDFファイルで提供いたします。
毎回、約12問の問題と解答を作成します。
全36回で完結します。
解説講義はありません。
口述試験で問われる可能性のある条文について理解を深めることができます。
口述試験のみならず、短答試験や論文試験にも有効です。
詳細を見る

平成28年・平成30年の改正法講座

平成28年・平成30年の改正法講座
8月にテキストを作成し、解説講義をしました。
通信で受講できます。
特実意商の改正
著作権法の改正
不正競争防止法の改正
詳細を見る

2019意匠審査基準講座(通信)

2019意匠審査基準講座(通信)

意匠審査基準が改訂される予定です。
意匠審査基準のうち部分意匠について大きな変更があるようです。
年内にも確定すると思われます。
弁理士試験にも影響がありそうです。
そこで、意匠審査基準について、改訂部分を含めて、弁理士試験の観点から必要と思われる部分について、テキストを作成し、解説講義をすることとしました。
テキストの作成は、意匠審査基準の改訂が確定した後に開始します。
12月末には開始できると予想しています。
詳細を見る

2019審判便覧講座(通学・通信)

2019審判便覧講座(通学・通信)
2018年12月30日(日)午前10時〜午後4時まで
審判便覧のうち、短答試験及び論文試験の観点から、出題される可能性のある部分について解説講義をします。
審判便覧の要点をまとめたテキストを作成し、テキストに従って解説講義をします。
70分の講義を4時限行います。
詳細を見る

2019短答新作問題演習講座(解説講義付)(通学・通信)

2019短答新作問題演習講座(解説講義付)(通学・通信)
2018年12月23日(日) 9:30〜17:10
平成28年改正法と改訂審査基準をベースにして短答の新作問題について演習をし、その後、解説講義をします。
特許法及び実用新案法について20問、意匠法について10問、商標法について10問の合計40問の短答問題を2時間で解答していただきます。
著作権法と不正競争防止法は、出題しません。
受講形態は、通学と通信があります。
詳細を見る

2019短答答練会(通学・通信)

2019短答答練会(通学・通信)
2019年1月〜3月 全12回 毎週1回
テキストは、毎年、バージョンアップしています。
毎回、1時間30分で30問の問題を解答する実践的な答練会です。
解説講義はありませんが、詳細な解答・解説を提供いたします。
通学は、金曜コースと、土曜コースがあります。
通信もあります。
詳細を見る

2019論文答練会(通学・通信)

2019論文答練会(通学・通信)
2019年1月〜3月 全12回 毎週1回
テキストは、毎年、バージョンアップしています。

論文の答案を作成する実践的な論文答案作成練習会です。
通学は、土曜コースと、火曜コースがあります。
通信もあります。
詳細を見る

2019短答条文解析講座(通学・通信)

2019短答条文解析講座(通学・通信)
2018年5月12日(土)〜12月15日(土)全30回

例えば、著作権法のみというような科目単位での受講も受け付けます。

テキストは、毎年、バージョンアップしています。

平成28年改正法に対応しています。

条文の順番に短答試験の観点から条文の意味内容を解説します。
短答試験は、条文が決め手となります。
条文の理解を深めるための講義形式の講座です。

通信は今からスタートも選択できます。
毎週、1回分ずつ又は2回分ずつ、資料を提供します。
無理なく勉強できます。
詳細を見る

2019論文講義基礎講座(通学・通信)

2019論文講義基礎講座(通学・通信)
2018年4月7日(土)〜12月15日(土)全35回
2019年7月の論文試験の合格を目指して、2018年4月から勉強を開始する方(初心者の方)にお勧めの講義形式の講座です。
論文試験に必要な基礎知識の習得ができる講義形式の講座です。

通信は今からスタートも選択できます。
詳細を見る
次のページへ進む