講座案内

講座案内 | ゼミ案内 | コース案内

※下記以外の講座案内は、作成準備中です。しばらくお待ちください。

令和元年改正法短答新作問題講座(テキストのみ)

令和元年改正法短答新作問題講座(テキストのみ)
8月9日(金)発信予定
2020年度の短答試験の範囲に含まれる令和元年改正法をベースにした短答の新作問題を作成し、その解答・解説を作成します。
詳細を見る

2020PCT講座(テキストのみ)

2020PCT講座(テキストのみ)全8回予定
9月6日(金)からスタート
PCT及び規則を条文の順番に解説した資料を作成します。
音声による講義はありませんが、その代わり、各条文ごとにポイントとなる解説を作成します。
従来のPCT講座のテキストに比較して、〔解説〕部分を大幅に追加します。
書面のみでPCT及び規則を理解できるように作成します。
詳細を見る

2020短答条文解析講座(通学・通信)

2020短答条文解析講座(通学・通信)
2019年5月11日(土)〜12月14日(土)全30回
条文の理解を深めるための講義形式の講座です。
令和元年改正法が成立しました。来年の試験範囲に含まれます。
改正法に対応するようテキストを更新します。
テキストのみの販売も可能です。科目単位での受講も可能です。
詳細を見る

2020短答演習基礎講座(通信)

2020短答演習基礎講座(通信)
2019年5月11日(土)〜12月14日(土)全30回
平成31年改正法に対応するようテキストを更新します。
短答条文解析講座とリンクした演習講座です。
出願範囲は、短答条文解析講座の範囲と一致させます。
解説講義はありません。
詳細を見る

2020論文講義基礎講座(通学・通信)

2020論文講義基礎講座(通学・通信)
2019年5月11日(土)〜12月14日(土)全30回
2020年の論文試験の合格を目指して、2019年5月から勉強を開始する方(初心者の方)にお勧めの講義形式の講座です。
論文試験に必要な基礎知識の習得ができる講義形式の講座です。
平成31年改正法に対応するようテキストを更新します。
科目単位の受講も可能です。
詳細を見る

2020論文演習基礎講座(通信)

2020論文演習基礎講座(通信)
2019年5月11日(土)〜12月14日(土)全30回
論文講義基礎講座とリンクした演習講座です。
毎週1回、論文講義基礎講座のテーマに合わせて、自宅で1時間で1通の答案を書く練習をする通信用の講座です。
提出された答案は、添削して返信いたします。
解説講義はありません。
詳細を見る

令和元年改正法講座(テキストのみ)

令和元年改正法講座(テキストのみ)
テキストが完成しましたので、送信を開始しました。
令和元年改正法が公布され、令和2年の弁理士試験の範囲に含まれることが確実となりました。
そこで、報告書と改正条文に基づいて、改正法の解説を作成しました。
音声による解説講義はありません。
特許法実用新案法編と意匠法商標法編の2つに分けて作成しました。
詳細を見る

2019年度論文試験・問題と解答解説(テキストのみ)

2019年度論文試験・問題と解答解説(テキストのみ)
7月5日(金)から販売を開始いたします。
テキスト(PDFファイル)の保存先のURLをメールで送信いたします。
アクセスしてテキスト(PDFファイル)をダウンロードして保存することができます。
テキスト(PDFファイル)には、問題と解答と解答の補充が含まれています。
解答は、制限時間内に記載できる量とします。
解答の補充では、解答のプロセスを詳細に説明します。
音声による講義はありません。
詳細を見る

2019年度短答試験問題と解答解説(4法のみ)

2019年度の短答試験の問題について解答・解説を作成します。
ただし、特実法、意匠法、商標法の4法のみです。
解説講義はありませんが、詳細な解説を作成します。
来年の短答試験に役に立ちます。
特実法(全20問)から順番に、意匠法(全10問)、商標法(全10問)の問題について解答解説を作成し、順番に販売を開始いたします。
特実法(全20問)は、6月14日(金)から販売を開始しました。
意匠法(全10問)は、6月18日(火)から販売を開始しました。
商標法(全10問)は、6月25日(火)から販売を開始しました。
詳細を見る

2019口述逐条問題集(PDFファイル)

2019口述逐条問題集(PDFファイル)全36回
2018年12月スタート
平成28年改正法と平成30年改正法に対応するようパージョンアップいたします。
改訂された意匠審査基準にも対応するようにパージョンアップいたします。

毎週1回分ずつ、テキストをPDFファイルで提供いたします。
毎回、約12問の問題と解答を作成します。
全36回で完結します。
解説講義はありません。
口述試験で問われる可能性のある条文について理解を深めることができます。
口述試験のみならず、短答試験や論文試験にも有効です。
詳細を見る
次のページへ進む