TOPICS

RSS

弁理士の資格の意義

2019/10/11 

企業の知財部で仕事をする場合や、特許事務所で仕事をする場合は、グローバルな取引社会においては、弁理士の資格のあることは、社会的評価を高める要因となります。
ただし、弁理士の業界も競争がありますので、弁理士として有能であることは、取引社会において優位に立つことができます。
逆にいうと、自己研鑽をしない弁理士は、競争から取り残される可能性があります。
そういう意味では、受験生時代から考える勉強をしていれば、弁理士になってからも有能な弁理士として生き残ることができる可能性が高まります。
アドバイスを求められた場合に、迅速に的確なアドバイスができる弁理士は有能な弁理士であるといえます。
受験生時代から考える勉強をすることをお勧めいたします。

代々木塾のブログ

2019/04/19 

代々木塾のブログ
gooブログ

代々木塾のブログ
ライブドア・ブログ

代々木塾のブログ
はてなブログ
前のページへ戻る