TOPICS

RSS

令和5年改正の不正競争防止法の施行期日

2023/12/01 

令和5年改正の不正競争防止法の施行期日を定める政令が公布されました。
その結果、令和5年改正の不正競争防止法は、全て、2024年度の短答試験の範囲に含まれます。

2024口述逐条問題集・全36回

2023/11/20 

2024口述逐条問題集・全36回
2024年1月〜9月
毎週金曜日の夕方にテキスト(PDFファイル)の保存先のURLを送信いたします。
毎週、定期的に口述試験の勉強をすることにより、2024年度の口述試験に確実に合格することができます。
現在、割引料金でお申込みを受け付けています。

カウンセリングについて

2023/11/11 

カウンセリングは、現在、メールでのみ受け付けています。
ご相談の内容は、メールでお知らせください。
回答は、メールで返信いたします。

2024国際出願特例講座(テキストのみ)全7回

2023/10/17 

2024国際出願特例講座(テキストのみ)全7回
特許法184条の3〜184条の20
実用新案法48条の3〜48条の16
意匠法60条の3〜60条の23
商標法68条の2〜68条の39
以上の国際出願の特例に関する規定について、令和5年改正法に対応したテキストを作成します。
10月20日(金)からスタートします。

代々木塾は、弁理士になってからも役に立つ勉強をする弁理士試験に特化した受験機関です。
単なる暗記は、お勧めしません。理解を重視します。

2024塾長論文講座 中期は、10月6日(金)スタート

2023/10/06 

2024塾長論文講座(通信)全33回

中期は、10月6日(金)スタート
中期のみのお申込みもできます。

2024年7月〜2024年3月
前期 全9回  中期 全12回  後期 全12回

演習と解説講義をミックスした講座です。
論文試験の終了後からスタートします。
2024年度の論文試験を確実に突破したい方にお勧めの講座です。
特実法→意匠法→商標法のサイクルで繰り返します。
毎回、出題範囲は限定します。
開催形式は、通信のみです。

代々木塾は、弁理士になってからも役に立つ勉強をする弁理士試験に特化した受験機関です。
単なる暗記は、お勧めしません。理解を重視します。

2024塾長短答講座 7月21日スタート

2023/09/23 

2024塾長短答講座(通信)全33回

7月21日からスタートしました。

2024年7月〜2024年3月
演習と解説講義をミックスした講座です。

2024年度の短答試験を確実に突破したい方にお勧めの講座です。
出題範囲は、特実法、意匠法、商標法、条約、著作権法、不正競争防止法の順番とします。
開催形式は、通信のみです。

代々木塾は、弁理士になってからも役に立つ勉強をする弁理士試験に特化した受験機関です。
単なる暗記は、お勧めしません。理解を重視します。

2024特許法逐条講座(テキストのみ) 

2023/09/21 

2024特許法逐条講座(テキストのみ)
短答条文解析講座は、簡易版ですが、特許法逐条講座は、詳細版です。
特許法について、条文の順番に、詳細な逐条解説を作成します。

代々木塾は、弁理士になってからも役に立つ勉強をする弁理士試験に特化した受験機関です。
短答試験も、論文試験も、難化しています。
安易な勉強では、合格が困難な状況となっています。
理解を中心とした勉強がお勧めです。

2024PCT逐条講座(テキストのみ)

2023/09/19 

2024PCT逐条講座(テキストのみ)
8月18日スタート

短答条文解析講座は、簡易版ですが、PCT逐条講座は、詳細版です。
PCT及び規則について、条文の順番に、詳細な逐条解説を作成します。

代々木塾は、弁理士になってからも役に立つ勉強をする弁理士試験に特化した受験機関です。
短答試験も、論文試験も、難化しています。
安易な勉強では、合格が困難な状況となっています。
理解を中心とした勉強がお勧めです。

令和5年度短答試験の問題と解答解説(4法テキストのみ)

2023/08/15 

令和5年度短答試験の問題と解答解説(4法テキストのみ)
特実法20問、意匠法10問、商標法10問について、詳細な解答解説を作成したものをPDFファイルの形式で提供いたします。

青本第22版講座(通信・音声のみ)

2023/07/05 

青本第22版講座(通信・音声のみ)

短答と論文の両方に有効です。
弁理士試験には、青本の記載を根拠にする問題がよく出題されます。

代々木塾は、弁理士になってからも役に立つ勉強をする弁理士試験に特化した受験機関です。
短答試験も、論文試験も、難化しています。
安易な勉強では、合格が困難な状況となっています。
理解を中心とした勉強がお勧めです。
前のページへ戻る 次のページへ進む