TOPICS

RSS

論文対策

2017/10/31 

平成29年10月〜12月
論文サブ答練(通学・通信) 通学は火曜夜間
塾長論文ゼミ・中期(通学・通信) 通学は日曜午後

平成30年1月〜3月
論文答練会(通学・通信) 通学は土曜午後又は火曜夜間
塾長論文ゼミ・後期(通学・通信) 通学は日曜午後 

H30パリ条約講座(通信) H30TRIPS協定講座(通信)

2017/10/27 

今からスタートできます。毎週1回分ずつ配信いたします。

H30パリ条約講座(通信)全4回
パリ条約について、新たに資料を作成し、あらためて解説講義をします。
パリ条約の条文のうち、短答試験に出題される可能性のある条文を、順番に解説します。

H30TRIPS協定講座(通信)全4回
TRIPS協定について、新たに資料を作成し、あらためて解説講義をします。
TRIPS協定の条文のうち、短答試験に出題される可能性のある条文を、順番に解説します。
第31条の2の解説も含まれています。

H30趣旨講座 H30論文基本問題講座

2017/10/24 

H30趣旨講座(通信)全18回
平成29年8月24日(木)〜12月21日(木)
毎週、木曜日にテキスト(PDFファイル)のみを提供します。
解説講義はありません。
条文ごとに各規定の趣旨をまとめたものです。
論文試験、口述試験に有効です。

H30論文基本問題講座(通信)全16回
平成29年8月24日(木)〜12月7日(木)
テキスト(PDFファイル)のみ提供します。
解説講義はありません。
最近の論文式試験では、基本問題の出題が復活しています。
今後もこの傾向が続く可能性があります。

お申込みの手続

2017/10/17 

代々木塾のHPからお申込みの手続が困難な方は、通常のメールでもお申込みいただけます。
アドレスは、info@yoyogijuku.jp です。
メールには、講座名(通学又は通信の別)、受講料、氏名、住所、資料の送信アドレスを明記してください。

資料の質の高さと講義の質の高さは、保証いたします。抜群です。

H30短答サブ答練 H30論文サブ答練

2017/10/02 

10月スタート

資料の質の高さと講義の質の高さは、保証いたします。抜群です。

H30短答サブ答練(通学・通信)10月〜12月 全12回
年内に短答の問題を解答する練習会です。
通学は毎週月曜日の19:00開始です。
毎回、1時間30分で30問の問題について解答します。
解説講義はありませんが、詳細な解説資料を配付いたします。
通信もあります。

H30論文サブ答練(通学・通信)10月〜12月 全12回
年内に論文の答案を作成する練習会です。
通学は、毎週火曜日の19:00スタートです。
特実法→意匠法→商標法のサイクルで4回繰り返します。
毎回出題範囲は限定します。
答案作成後、解説講義を行います。
通学と通信があります。

H29口述逐条問題集 全36回

2017/09/28 

H29口述逐条問題集 全36回
各回のテキストには、約12問の問題と解答が記載されています。
テキストは、PDFファイルで送信いたします
解説講義はありません。

H29口述練習講座(通学・通信)全9回

2017/07/22 

H29口述練習講座(通学・通信)全9回
7月16日(日)〜9月24日(日)
毎週日曜日 9:30〜12:30
ただし、8月6日、13日は、夏期休講
毎回、1人あたり10分前後の口述練習を行います。
出題範囲は、前週にお知らせします。
毎回終了後に、問題と解答を配付します。

Yahoo!ショッピング

2017/06/20 

Yahoo!ショッピングにて所定の講座のお申込みができます。
受講料のお支払いにはTポイントが付与されます。
決済方法はクレジットカード決済またはTポイント決済となります。
ご希望の方は下記のページからご確認ください。

弁理士専攻代々木塾 Yahoo!店

ご要望の講座があればご連絡ください。
ただし、受講料が少額の講座は、除きます。
メール info@yoyogijuku.jp

論文・短答の中級又は上級のゼミ

2016/11/06 

論文の得点が伸び悩んでいる方、短答の得点が伸び悩んでいる方には、下記のゼミがお勧めです。
平成29年度の弁理士試験合格に導きます。
H29塾長論文ゼミ 中期は10月スタート
H29塾長短答ゼミ 10月スタート
今からでも、参加できます。

欠席された場合には通信扱いとして資料を提供いたします。
論文ゼミの場合は自宅で答案を作成して提出していただければ添削して返却いたします。
やむを得ず欠席されても万全のフォローをいたします。

論文の勉強について

2016/10/12 

論文試験に合格できなかった方は、なぜ合格できなかったのか、ご自分の弱点を分析することが大切です。
条文の説明が不得意であるか、事例問題が不得意であるのか、その両方であるのか、によって、勉強内容も変わってきます。
平成28年度の意匠法の問題のように条文の理解を問うような問題は、平成29年度にも出題される可能性があります。
テクニックではどうしようもない問題です。
条文を理解するしか方法はありません。

代々木塾では、条文の理解を深める勉強を推奨しています。
基本にもどって勉強することが必要な時代にもどりつつあります。

ゼミヤ答練会に参加することにより、論文の作成能力が格段に向上します。

H29塾長論文ゼミ(通学・通信)10月2日スタート
H29論文基礎答練(通信)9月スタート
H29論文答練会(通学・通信)1月スタート

実際に論文の答案を作成し、添削を受けることにより、論文の作成能力が格段に向上します。
前のページへ戻る 次のページへ進む