TOPICS

RSS

★弁理士専攻代々木塾が推奨する勉強方法

2015/03/23 

代々木塾では、塾長がテキストを作成し、塾長が解説講義を行います。
質の高さには自信をもっています。

代々木塾では、みなさん方の課題解決能力の向上を目指して、考える勉強を推奨しています。

なぜこの条文を設けたのか。
なぜこの条文はこのように規定しているのか。
このような疑問をもって勉強することは、課題解決能力を格段に向上させます。
代々木塾では、そのような疑問に応える奥の深い授業を行います。

弁理士になって侵害訴訟の代理人になったときに、原告の代理人であれば原告を勝訴に導くためにはどのような主張をしたらよいのか、被告の代理人であれば被告を勝訴に導くためにはどのような主張をしたらよいのか、という局面においては、いろいろな主張があることを熟知している必要があります。
いろいろな主張のうち代理人としては本人に最も有利な理論構成で主張することが必要となります。
代々木塾では、そのような理論構成ができるような質の高い弁理士を育てることも事業の目的としています。

特許権侵害訴訟のほかに、特許無効審判の請求を受けた場合、答弁書においてどのような反論をすることができるのか、どのような訂正の請求をすれば無効理由を解消することができるのか、という局面においては、弁理士が代理人として適切な対応ができる能力を有することが必要となります。
代々木塾では、そのような能力を有する質の高い弁理士を育てたいと考えています。

代々木塾では、弁理士になってからも役に立つ勉強をすることを推奨しています。

代々木塾で一緒に考える勉強をやりませんか。

お待ちしています。

弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績
前のページへ戻る