TOPICS

RSS

H29口述逐条問題集 全36回

2017/07/24 

H29口述逐条問題集 全36回
平成28年12月スタート
現在、第31回まで配信が終了しています。
毎週、約12問の問題と解答を記載したテキストをPDFファイルで送信いたします。
全36回で完結します。
解説講義はありません。
毎週、定期的に、条文、青本、審査基準、裁判例などを確認することができます。
平成29年度の口述試験までに、万全の準備を行うことができます。

平成30年度弁理士試験対策

2017/07/23 

H30PCT逐条解説講座(通信)全8回

2017/07/23 

H30PCT逐条解説講座(通信)全8回
PCTについて理解を深めたい方にお勧めです。
PCT及び規則について条文の順番に解説します。
ただし、短答試験の観点から不要と思われる条文は省略します。
受講形態は、通信のみです。
毎回、テキスト(PDFファイル)と解説講義の音声のみを録音した音声ファイルのURLをメールで送信いたします。

青本(第20版)講座(通信)全31回

2017/07/23 

青本(第20版)講座(通信)全31回
全31回の録音が終了しました。
音声ファイルのURLをメールで提供いたします。
青本・第20版の解説を詳細に説明した講座です。
独学では理解が困難であるところを解説で補充します。
短答・論文・口述のいずれにも役に立ちます。

H29口述練習講座(通学・通信)全9回

2017/07/22 

H29口述練習講座(通学・通信)全9回
7月16日(日)〜9月24日(日)
毎週日曜日 9:30〜12:30
ただし、8月6日、13日は、夏期休講
毎回、1人あたり10分前後の口述練習を行います。
出題範囲は、前週にお知らせします。
毎回終了後に、問題と解答を配付します。

H30論文短答入門コース(通学・通信)

2017/07/20 

H30論文短答入門コース(通学・通信)
1年後の合格を目指して勉強するコースです。

H30論文基礎講座は、4月1日(土)からスタートしました。
H30短答条文解析講座は、5月13日(土)からスタートします。
1週間前に予習資料をPDFファイルで送信いたします。

下記の4つの講座が含まれます。
・H30論文基礎講座(全35回)平成29年4月〜12月
・H30短答条文解析講座(全30回)平成29年5月〜12月
・H30論文答練会(全12回)平成30年1月〜3月
・H30短答答練会(全12回)平成30年1月〜3月
再受講割引(論文短答入門コースを過去に受講した経験のある方)(期間限定)
論文基礎講座(全35回)で論文試験に必要な知識を習得できます。
短答条文解析講座(全30回)で短答試験に必要な知識を習得できます。
受講形式は、通学と通信の混合でも差し支えありません。

H30塾長論文ゼミ(通学・通信)

2017/07/20 

H30塾長論文ゼミ(通学・通信)
7月から前期がスタートします。
7月〜9月までの前期のみのお申込みも可能です。
論文の答案の作成能力を格段に向上できます。
論文試験に必要な情報(論点、裁判例等)を問題にからめて提供します。

通学と通信があります。

1週間前に予習資料として問題文をPDFファイルで送信いたします。
十分に予習をしたうえで、答案を作成していただきます。

H30事例問題講座(中級・上級)(通信)

2017/07/19 

H30事例問題講座(中級・上級)(通信のみ)
平成29年7月14日(金)〜12月22日(金)全22回
事例形式の論文の問題について解答のプロセスを詳細に解説します。
論文の答案作成能力を格段に向上させたい方にお勧めです。
受講形態は、通信のみです。

通信の場合

2017/07/17 

通信の場合は、
資料はPDFファイルでメールで送信いたします。
解説講義がある講座では、解説講義を録音した音声ファイル(音声のみ)のURLをメールで送信いたします。

質問は、メールでいつでも受け付けます。
すみやかに回答いたします。

通学とほぼ同様の条件で勉強することができます。

代々木塾の特徴

2017/07/17 

代々木塾では、正確な情報を提供しますので、安心して勉強できます。

毎回、最新のテキストを提供します。
代々木塾の講座のテキストは、毎回新規に作成します。
毎回、テキストには、最新の情報が反映されています。
法改正があった場合、重要な裁判例があった場合、審査基準等が改訂された場合など、最新の情報をテキストに反映しています。
安心して勉強ができます。

すべての講座で統一した見解で解説します。
代々木塾の講座の講師を担当しているのは、塾長のみです。
すべての講座について統一した見解でテキストを作成し、解説講義をしています。
ある講座と他の講座とで矛盾した解説をすることはありません。
次のページへ進む